ぱねぱんクラブ

ピンクのページは「早焼きパン用酵母 パネクイック」ユーザーのサポートページです。
おやつパン
・・・・・・・・・・・・・・・・
同じ生地で出来るレシピ
もちもちロールパン
コロコロあんぱん

おやつパンの作り方

材料
ゴールデンヨット
フラワー(薄力粉)
早パネ

砂糖
スキムミルク
卵黄

無塩バター
130g
50g
10g
3g
10g
5g
12g
105g
20g
※表内の「早パネ」とは、「早焼きパン用酵母パネクイック」の事です。
その他の材料:好みのトッピング

(7)
生地の材料と作り方の手順(6)迄はもちもちロールパン
と同じ。発酵が終わった生地は、ドレッジを使用して打ち粉
(強力粉・分量外)を振ったストレッチボードに取り出します。
生地の上からも打ち粉を振りかけて平たくならして、6つに
分割します。目分量で計ると大きさがばらばらになるので、
必ず秤で計って分割して下さい。 打ち粉について参照

(8)


分割した生地を手の中で転がして、15cm位の長さに伸ば
します。

                               page top

(9)
生地の中央から端に向かって、めん棒を転がして中のガス
を抜きます。
ガスが抜けた後は、20p位の長さになります。

(10)
空気が中に入らないように生地を半分に畳んで、つまんで
閉じます。

(11)
つなぎ目を下にして、両端をあわせてくっつけます。
天板に並べる時、生地の間に5o位の隙間をあけます。

※生地をぴったりくっつけて発酵させると、割れ目が浅くなって、
 具材がのせにくくなる場合があります。

(12)
天板に間隔をあけて並べます。(天板によっては、油を塗る
かオーブンシートを敷きます。)
発砲スチロールのボックスに天板を入れて、コップにお湯を
入れたものを一緒に入れてふたをして、ボックス内の温度
を30〜35度位にします。                page top

(13)
30分位置いて、生地の間の隙間がふさがってきたら発酵
完了です。

※室温などの影響により、20〜25分位でも発酵が進んでしまう
 場合があります。その場合は30分経っていなくても、早めに
 発酵を切り上げて下さい。

(14)
A
お好みの具材をのせます。
左写真は水気を切ったツナ缶を少量のマヨネーズであえ
てパンの割れ目にのせて、上からとろけるチーズをのせた
ものです。焼成すると「ツナ&チーズパン」になります。

(14)
B
ソーセージをのせる場合、のせるだけだと生地に押されて
浮き上がってきてしまうので、生地のくぼみに押し付ける
ようにしていれます。ソーセージの上に「マヨネーズと粒マス
タードを1対1の割合で混ぜたもの」を絞り出して焼成します。
焼成すると「ソーセージパン」になります。

※このパンの様に生地の表面が具材で隠れない場合は、具材
 をのせる前にパン表面に「艶出しの卵」を塗っても良いでしょう。

(14)
C
水気を切ったホールコーンをマヨネーズであえて生地の
割れ目にのせて、上からマヨネーズを絞ったものです。
焼成すると「マヨコーンパン」になります。

※「おやつパン」はのせる具材を変えるだけでアレンジできます。
 「水っぽい具材や水分が出てくるシーフードなどを多くのせな
 い。」「具材を多くのせすぎない。」等に注意して、いろいろな
 バリエーションを楽しんでください。。

(15)


具材をのせたら、180〜200度程度に温めておいたオーブン
の中段で10分位、きれいな焼き色がつくまで焼きます。

                               page top


* 本HPで紹介している「パネクイック」のレシピの多くは、「早焼きレシピ」となっております。作成時間を
  短縮するために、一般的なパン作りで行う工程を省いたり、逆に「通常にはない工程」を増やしている
  場合があります。予めご了承ください。