ぱねぱんクラブ

ピンクのページは「早焼きパン用酵母 パネクイック」のページです。
 パネクイックの作り方
 使用方法









早焼きパン用酵母
 パネクイック

 「早焼きパン用酵母 パネクイック」は、
 「国産小麦で作ったパネトーネマザー
 粉末(製パン用)」の「普及タイプ」として
 考案しました。

 「国産小麦で作ったパネトーネマザー
 粉末(製パン用)」は元々はベーカリー
 のための「プロ仕様の酵母」として考案
 された製品です。

 家庭用レシピに多い「発酵時間を短くし
 たレシピ」に対応するのが難しかった
 ため、家庭用レシピに適した配合の
 「パネクイック」を考案しました。
 
 家庭で作る場合は「国産小麦で作ったパネトーネマザー粉末(製パン用)」より
 も使用しやすく、応用範囲も広いと思いますが、残念ながら、現在店舗での
 販売は行われておりません。

 「国産小麦で作ったパネトーネマザー粉末(製パン用)」とドライイーストを混合
 することでほぼ同じ使い心地のものができますので、興味のある方はご自身
 で作っていただくようお願いします。


パネクイックの作り方


 「国産小麦で作ったパネトーネマザー粉末(製パン用)」50gに「インスタン
 トドライイースト」15gを加えてよく混ぜると、パネクイックとほぼ同じ使い
 心地のものができます。
          ※推奨ドライイースト:フェルミパン インスタントドライイースト


 この「2種の酵母を混ぜる」という方法の場合、材料購入にも費用がかかりますし、家庭では
 酵母の量が多くて使いきれずに劣化させてしまう恐れがあります。

 使う方の都合を考えれば、少量パックの「パネクイック」を店頭販売する事が理想なのですが、
 現在取り扱い店舗がありません。

 使ってみなければその良さはわかって頂けないので、作り方を公開させて頂く事にしました。

 多くの方から店舗への取り扱いのリクエストがあった場合、扱ってもらえるようになる可能性も
 ありますので、「使ってみてよかったけどなかなか使い切れないので『パネクイック』として少量
 パックの販売をして欲しい。」という場合は、店舗にリクエストしてみてください。



使用方法

 ドライイーストを「早焼きパン用酵母 パネクイック」に置き換える場合、
 使用量の目安は「ドライイーストの2.5倍」
 水分量は「元のドライイーストと同じ重量の水分を増やす」位が適切です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 例) ドライイースト4gのレシピの場合、

 ドライイースト4g×2.5倍=10g … パネクイックの使用量は10g
 4gの水分(ドライイーストと同じ重量)をふやすとちょうど良いくらいの水分量になります。
      ※水を増やす量はあまり多くないので、水分調整しないでも問題が出ない場合があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ただし、原料の「パネトーネ種粉末」には特殊な特徴があるので、どんなレシピでもアレンジ
 できるわけではありません。酵母と相性の悪い素材やレシピもあります。

 「牛乳やチーズなどの乳製品」は、酵母と相性が悪いわけではないのですが、生地に練りこむ
 と乳製品特有の風味が消えてしまう場合があります。

 「発酵バター」は酵母と相性が悪いわけではないのですが、せっかくの発酵バターの風味が
 消えてしまう場合があります。

 「野菜ジュース・豆乳・野菜パウダー」等は、青臭い味が強調されてしまう場合があります。
 「黒砂糖」を使用すると、アクのある味が強調される場合があります。

 「化学香料の強いもの」を組み合わせて使用すると、香料の味が強調されてパンが不味くなる
 場合があります。

 砂糖が多いレシピの場合、甘みのバランスが変化してしまう場合があります。

 「長時間発酵」レシピなどの場合、作り方によってはうまくいかなくなる場合があります。(酵素や
 発酵生成物が長時間働くと、生地にも影響が出るため)

 「パネトーネ種粉末」はグルテンの結合をよくするので、元のレシピよりも良く膨らむように
 なってしまう場合があります。(レシピにもよる)

 …上記以外にも思わぬ影響が出る可能性があるため、自分でアレンジする事に不安を感じる
 方は、事前に当HP「ぱねぱんクラブ」にご相談頂くか、当HPで紹介しているオリジナルレシピを
 ご利用ください。                                          page top