ぱねぱんクラブ

ピンクのページは「早焼きパン用酵母 パネクイック」ユーザーのサポートページです。
メロンパン風パン
 ・レシピの解説
 ・フルーツロール
 ・クッキー生地

メロンパン風パンの作り方

菓子パン生地の材料
材料A
卵黄

無塩バター
15g
90g
25g
材料B
カメリヤ(強力粉)
フラワー(薄力粉)
早パネ

砂糖
スキムミルク
130g
30g
10g
2g
25g
8g
材料C
カレンズ
ドライクランベリー
ドライアップル
20g
15g
15g
※表内の「早パネ」とは、「早焼きパン用酵母パネクイック」の事です。
 その他の材料:トッピング用クッキー生地(後述)、焼型不要タイプの紙ケーキ型
 (直径75o×高さ20o100円oショップで購入。)ポップシュガー(あられ糖)適量

(1)
「卵黄・水(40度程度)・無塩バター」(材料A)を中くらいの
ボウルに入れます。

(2)
別のボウルに量っておいた粉状の材料(材料B)を手順(1)
のボウルに加えて、ゴムベラで混ぜます。
(所要時間30秒〜1分程度)

※生地量が少ないため、底面積が広めのHBの場合は、パン
 ケースに入れる前に混ぜておかないと生地がまとまりません。
 小さめHBをご使用の場合は、材料を直接HBに入れて捏ねて
 も大丈夫な場合があります。

(3)
ゴムベラで混ぜた生地をHBのパンケースに入れて、20〜
25分程度捏ねます。捏ね初めはべとべとして、なかなか
生地がまとまらず、しばらくはパンケースの底に生地を引き
ずるような状態が続きます。

※この生地は捏ね始めがべたべたするので、手で捏ねる事は
 できません。

(4)


捏ね終わり。生地がしっかりまとまっています。

                               page top

(5)
生地を捏ねている間に、カレンズ以外のドライフルーツを、
5o角程度の大きさになるようにキッチンバサミでカットして
おきます。

※30gのドライフルーツをカットする時間の目安は5分程度。量が
 少ないので、それほど面倒な作業ではないと思います。

(6)
捏ね終わった生地は中くらいのボウルに移し、ドライフルー
ツ(材料C)をまぶして「折りたたんで押す」という感じで生地
を捏ねます。3〜5分捏ねると、生地全体にドライフルーツが
いきわたってきます。

※底面積の広いHBで少ない生地を捏ねる場合、後から材料を
 加えるとうまく混ざらないので、手で捏ねて混ぜています。
 小さいHBの場合、HBに直接ドライフルーツを入れても混ざる
 可能性もあります。

(7)
捏ね終わったら生地を丸くまとめて、生地が乾燥しないよう
にボウルの上にフタかラップをかぶせます。たっぷりのぬる
ま湯(30〜35度程度)を入れた鍋に、生地を入れたボウル
を浮かべます。

※発酵中にガスが発生するので、ラップを使用する場合は、ぴっ
 ちりと張らずにゆるめにしてください。途中でガス火を使用する
 場合があるので、ラップが鍋の外にはみ出さない様に注意。

(8)
この状態にして30〜35分程度置きます。

※鍋と水の量の目安は、ボウルの下1/3位がぬるま湯につかり、
 ボウルの底が鍋につかないくらいが目安。
※鍋が冷たくなってきたら、5秒程度コンロで温めて、お湯の温度
 を保ちましょう。
※HBによっては発酵温度が低めの場合があるので、熱伝導の
 良い「湯煎」で確実に生地温度を上げて、発酵を促します。

(9)
発酵後。

※砂糖とバターが多めなので、他の生地より少し発酵に時間が
 かかりますが、室温などの影響によっては、25〜30分位でも
 発酵が進んでしまう場合があります。その場合は早めに発酵
 を切り上げて下さい。

(10)
生地発酵が終わった生地は、ドレッジを使用して打ち粉(強
力粉・分量外)を振ったストレッチボードに取り出します。
                    打ち粉について参照
生地の上からも打ち粉を振りかけて平たくならして、6つに
分割します。目分量で計ると大きさがばらばらになるので、
必ず秤で計って分割してください。          page top

(11)
分割した生地を丸くして、手の中で転がします。くるくると手
の中で転がしていると、中のガスが抜けて引き締まってき
ます。生地を丸めていると手にくっついてくるので、途中で
手のひらに打ち粉をまぶしながら作業しましょう。

(12)
生地が引き締まったら、紙ケーキ型の中央に置きます。

(13)
紙ケーキ型を天板にのせます。
発砲スチロールのボックスに天板を入れて、コップにお湯を
入れたものを一緒に入れてふたをして、ボックス内の温度
を30〜35度位にします。

(14)
30〜35分位置いて、型の7から8分目位に膨らんだら発酵
完了です。焼成すると窯伸びして、型と同じ位の大きさに
膨らみます。

(15)
生地の上部に、生地一つに付16〜18g程度の「トッピング用
クッキー生地(後述)」を、中央から渦を巻くようにして絞り
出します。

(16)


ポップシュガーをのせます。ポップシュガーは省いても良い
し、グラニュー糖をふりかけて代用しても良いでしょう。

                               page top

(17)

あらかじめ160度程度に温めておいたオーブンで15〜17分、
トッピング上部にうっすらと焼色がつくくらいまで焼きます。


  レシピの解説

 クッキー生地をトッピングしたメロンパン風のパンです。一般的なメロンパンは「発酵前にクッキー
 生地でパン生地を包む。」という手順ですが、ここでは「発酵後にクッキー生地をトッピングして
 焼く。」という手順のレシピにしてあります。

 トッピングにはアーモンドプードルを使用しているので、サクサクに仕上がります。

 紙ケーキ型はダイソーで購入した「焼型不要 マドレーヌカップM(直径75o×高さ20o)」を使用
 しました。ここで紹介しているのは「焼成中に流れるタイプのクッキー生地」なので、型に入れない
 ときれいに仕上がりません。(クッキーの柔らかさやトッピングする量も関係しています。)
 ダイソー等100円ショップの製品は、新製品に入れ替わってしまう事もありますが、このサイズの
 紙ケーキ型は定番らしく、大体同じくらいのサイズのものが常に販売されているようです。

 ドライフルーツを省いた生地はクリームパンと同じです。
 外側がサクサクですが、中身が何も入っていないのが寂しいので、ドライフルーツを入れました。

 ドライフルーツの割合や種類は変更可能ですが、「ドライフィグ(生地に混ぜ込むと生地がべとべと
 しやすい)」「ドライマンゴー(やや青臭い味が出る可能性がある)」「ブルーベリー(味が強すぎて
 他のドライフルーツの味が消えてしまう)」など、このレシピでの使用は向かないドライフルーツも
 あるのでご注意ください。

 ドライフルーツの合計量は50g前後で、「5o角程度にカットできて、発酵中に溶けたり、他のドライ
 フルーツの味の邪魔になったりしないドライフルーツ」の使用をお勧めします。       page top

【簡単なアレンジ フルーツロール】

生地の材料と手順(9)まではメロンパン風パンと同じ。
生地発酵後はもちもちロールパン手順(7)〜で成型すると、
ドライフルーツが入ったロールパン「フルーツロール」になり
ます。
ドライクランベリーをレーズンかカレンズに置き換えると、「レ
ーズンロール」になります。



トッピング用クッキー生地の作り方

材料
無塩バター
グラニュー糖
バニラオイル
全卵
アーモンドプードル
薄力粉
20g
35g
数滴
30g
30g
30g

 無塩バターさえ柔らかくなっていれば、
 あっという間に出来上がります。

 生地を捏ねている間・あるいは生地
 発酵・成型後発酵させている間にで
 も充分作る事が可能です。


(1)
室温で柔らかくしておいた無塩バターにグラニュー糖を加え
て、ゴムべらですり混ぜます。バニラオイル数滴も加えます。

(2)
解きほぐした全卵を少しずつ加えて混ぜます。
一度に全卵を加えてしまうとかえって混ざりにくくなるので、
「少し加えてよく混ぜて、また少し加える。」といった感じで
混ぜましょう。

(3)
アーモンドプードルとふるった薄力粉を加えて、ゴムベラで
切るように混ぜます。粉が見えなくなったら出来上がり。

(4)

直径6oの丸口金を付けた絞り出し袋に入れて、両端を
食品クリップ等で止めておきます。
冷蔵庫に入れてしまうと、生地が固くなって絞り出しにくく
なるので、少し暖かめの場所においておきましょう。
                               page top


* 本HPで紹介している「パネクイック」のレシピの多くは、「早焼きレシピ」となっております。作成時間を
  短縮するために、一般的なパン作りで行う工程を省いたり、逆に「通常にはない工程」を増やしている
  場合があります。予めご了承ください。