ぱねぱんクラブ

ピンクのページは「早焼きパン用酵母 パネクイック」ユーザーのサポートページです。
早焼き食パンの作り方
 ・レシピの解説
 ・ゴマ食パン
 ・くるみ食パン
 ・レーズン食パン




早焼き食パンの作り方

材料(1600t1斤型1台分)
材料A
早パネ (5.5%)
ぬるま湯 (71%)
13g
170g
材料B
スーパーキング(100%)
 (1.7%)
砂糖 (6%)
スキムミルク (2%)
240g
4g
15g
5g
材料C
無塩バター (6%)
15g
※表内の「早パネ」とは、「早焼きパン用酵母パネクイック」の事です。

(19)
材料は上の表のものを使用しますが、生地の作り方は
基本の丸パン手順(1)〜(18)と同じです。ストレッチ
ボードに取り出した生地は、ドレッジ(あるいはスケッパー)
等で2等分に分割します。
目分量で分割すると山の高さがかなり違ってしまう場合が
あるので、計量しながら分割するのがおすすめ。

(20)

半分に切った生地は、きれいな面を下にして、めん棒で
伸ばしてガス抜きします。
真ん中から端に向かって生地を伸ばしていくと、生地の中
の空気が抜けていきます。
                              page top

(21)
伸ばし終わった状態。丸っこく伸ばせた方が良いのです
が、左写真の様にいびつになっても問題ありません。

(22)
生地の端を中心に集めるようにして、中に空気が入らない
様に(すきまができない様に)生地をたたんでいきます。

(23)
どんどんたたんでいくと、丸っこくなってきます。

(24)
最後に、閉じた部分を指でしっかりつまんで閉じます。

(25)

あらかじめバターかショートニングを塗っておいた1斤型に、
閉じた部分を下にして生地を入れます。
                               page top

(26)
発砲スチロールのボックスに1斤型を入れて、コップにお湯
を入れたものを一緒に入れてフタをして、ボックス内の温度
を30〜35度位にします。

(27)
30〜40分位置いて、型のふちより1p位低い所まで膨らん
で来たら発酵完了です。

※温度等の影響によってによって発酵速度が異なるので、ここ
 では時間ではなく膨らみで判断してください。

(28)

角型パンの場合は蓋をして、山型パンの場合は霧吹きで霧
を吹いて、あらかじめ190〜200度程度に温めておいたオー
ブンで30分位焼きます。
   ※庫内高さが低い「家庭用オーブン」で山型パン焼く場合、上部
    が先に焦げてしまう場合があります。焼成を初めて7〜10分、
    上部に焼色がついてきたタイミングでアルミホイルをのせると、
    上部の焦げを防げます。フタをして焼く場合でも、上部の焼き
    色が濃くなりやすい場合は、途中でアルミホイルをのせると
    よいでしょう。


  レシピの解説

 早焼きレシピですが、食パンの場合は生地のかたまりが大きく焼成時間も長いので、小さく焼く
 パンと比較すると作成時間が長くなります。作成時間の目安は2時間半程度。

 強制的に温度を上げて発酵時間を短くするため、生地発酵は「湯煎」という方法にしています。
 冬場は発酵が進みにくいので「35〜40度」位まで温度を上げた方が発酵が進みやすくなります
 が、熱くなりすぎると酵母菌が死滅してしまうので温めすぎに注意しましょう。

 「基本のパン」はベーカーズパーセントを表示していませんが、食パンの場合は大きさの異なる型
 で焼く場合があるので、ベーカーズパーセントを表示しています。

 注意!小麦粉は変えないでください。
 捏ね時間が短いレシピなので、粉自体に力があってボリュームが出る「スーパーキング」を使用
 しないと、食パンの仕上がりが悪くなります。                          page top


  【簡単なアレンジ ごま食パン】

早焼き食パンとほぼ同じ手順ですが、手順(12)でバター
を加えて生地をばらばらにした後に「黒炒りごま15g」を加え
て捏ねます
それ以外の手順は「早焼き食パン」と同じです。 
ごま風味のパンに仕上がります。サンドイッチにいいかも。

右写真は焼き上がり。

  【簡単なアレンジ くるみ食パン】

早焼き食パンとほぼ同じ手順ですが、手順(13)でバター
を加えて生地をばらばらにした後に「刻んだくるみ40g」を加え
ます。
クルミの下処理についてはクルミパン参照。 
くるみ風味のパンに仕上がります。ジャムも合うと思います
が、チーズとも相性がよさそうな味です。
右写真は焼き上がり。

  【簡単なアレンジ レーズン食パン】

早焼き食パンとほぼ同じ手順ですが、手順(12)でバター
を加えて生地をばらばらにした後「レーズン70g(BP約30%)
を加えます。右写真は焼き上がり。


                                                            page top


* 本HPで紹介している「パネクイック」のレシピの多くは、「早焼きレシピ」となっております。作成時間を
  短縮するために、一般的なパン作りで行う工程を省いたり、逆に「通常にはない工程」を増やしている
  場合があります。予めご了承ください。