ぱねぱんクラブ

ピンクのページは「早焼きパン用酵母 パネクイック」のページです。

考案のきっかけ



 私が「パネトーネマザー粉末(製パン用)」のユーザーサポートを行うようになったのは、以前私が働
 いていたベーカリーにサンプルが送られてきたのが、きっかけでした。

 「こんなに美味しいパンができる酵母なら、一般家庭で使いたい人も多いはず。」と考えて家庭でも
 作れるようなレシピを作成し、それが認められて「酵母工業公認」のサポートサイトを管理するように
 なりました。

 もともと、「国産小麦で作ったパネトーネマザー粉末(製パン用)」は「ベーカリーのために開発された
 プロ仕様の酵母」だったのです。
 
 そんな「国産小麦で作ったパネトーネマザー粉末(製パン用)」と出会って、ユーザーサポートする事
 10年以上…、その間にはユーザーの方といろいろなやり取りがありました。
 
 数名の方から、「ドライイーストでパンを焼いていたけど、イースト臭がきつくて。パネトーネマザー
 粉末(製パン用)は時間がかかるけどイースト臭がしないので気に入っています。」といったメールを
 頂きました。

 「イースト臭がきつかった」という「ドライイーストのレシピ」を伺ってみると、家庭用の「早焼きレシピ
 (ドライイーストの使用量が多いタイプのレシピ)」でした。
 家庭用レシピの場合、作成時間を短くするためにドライイーストの量を増やしてあるレシピも多いの
 ですが、ドライイーストを多くしている分焼き上がりの臭がきつくなる場合があります。

 そこで、「国産小麦で作ったパネトーネマザー粉末(製パン用)にはイースト臭を軽減する力がある
 ので、これで早焼きパンを作れないだろうか?」と考えて試作してみたのですが、なかなかうまく
 いきませんでした。

 「国産小麦で作ったパネトーネマザー粉末(製パン用)」には原材料である「パネトーネ種粉末」が
 贅沢に使用されているため、むやみに酵母の量を増やすと独特の「エグミ」のような味が出てきて
 しまうのです。

 「いっその事、『パネトーネ種粉末』とドライイーストの配合比率を変えちゃおうか?」…そんな思い
 つきが「早焼きパン用酵母 パネクイック」を作るきっかけになりました。

 10年以上「パネトーネマザー粉末(製パン用)」と向き合ってきた経験から、「ドライイーストのレシピ
 をアレンジしやすく、早焼きパンが美味しくできる比率」を割出し、試作を重ねて、この配合比率に
 たどり着きました。

 ドライイーストの配合比率を多めにする事で、早焼きパンのような「酵母の使用量が多いパン」に
 対応できるようになり、簡単な計算で使用量が割り出せるのでドライイーストレシピのアレンジもし
 やすくなります。

 …こんな経緯で考案させていただきました。